どうやって行われるの?

日本国憲法において最高裁判所の裁判官は、任命されてから初めて行われる際の衆議院議員総選挙のときに国民の審査に付して、10年後の衆議院議員総選挙のときにも同様に国民審査が行われることで不信任かどうか問われることになります。

国民審査の結果において投票者の多数が裁判官の罷免に賛成の場合には、罷免されます。
この日本国憲法第79条に基づいて最高裁判所裁判官国民審査法が制定されており、不信任が過半数を超えたときに裁判官は罷免されることになります。
国民審査の方法は罷免に賛成の場合には裁判官にバツ印をつけることになり、賛成でない場合には無記入で投票を行います。
投票用紙は審査される裁判官の氏名の順序を、中央選挙管理会がくじで決めた順番で記載されて印刷をします。

審査を行う国民は投票所で投票表紙に書かれている当該裁判官の記載欄に自らの意思を示す記号を記載して、罷免に賛成でないときは記載欄に何も記載せずに投票箱に入れます。
国民審査制度については憲法第79条に書かれている罷免の文言を考えても、不信任審査制度という性質を持っていることが通説と言えます。
最高裁判所の裁判官は任命を受けてから、国民審査の間まで裁判を行うことになります。

コメントは受け付けていません。