経緯・歴史について

弾劾裁判という制度がありますが、どういう制度なのか詳しく知っている人はどれだけいるのでしょうか。簡単に言えば、裁判官を裁く法律です。通常、裁判官は身分が手厚く保障されているものであり、裁けない立場ですが、この弾劾裁判だけは例外として憲法64条で認められています。なぜこの憲法64条を認められるようになったのかについては、裁判の公平性を保つためだと考えられています。

現在、アメリカ合衆国では弾劾裁判の認知度が高く、市民が意識を持って大統領を罷免するべきか否か、論争が起こることも珍しくないようです。日本では、訴追委員会という団体がその件について話し合っています。訴追委員会は、国民からの意見を取り入れた上で、裁判官の罷免を決定出来る団体であり、日本の裁判の倫理性を保つ核を担っています。

しかし、肝心の国民が弾劾裁判という制度について関心がなければ、罪を犯した裁判官が裁かれにくく、国民自らの首をしめてしまう恐れがあります。ですから、国民が裁判についての知識を少しでも多く身に付け、関心を持つことで、私達の国の秩序が保たれます。今出来ることは、弾劾裁判のことを色々な人に知って頂けるように働きかけることです。

コメントは受け付けていません。