裁判官の弾劾裁判で裁判員に選ばれる人とは?

裁判官は、憲法や法律に基づき、公平・公正な裁判を行い、国民の権利を守るという役割が期待されているため、憲法によって強力な身分保障がなされています。いっぽうにおいて、憲法では公務員の選定・罷免を国民固有の権利として定めており、国民の信頼に背くような行為をした裁判官についても、ここでいう「公務員」の一種として、適切にやめさせるための仕組みが求められます。

このような要請に応えるため、憲法では国民が直接的にこの権利を行使する「国民審査」という制度を設けるとともに、国民の代表者である国会議員が集まる国会に「裁判官追訴委員会」や「裁判官弾劾裁判所」を置くという仕組みを整えました。
この「裁判官弾劾裁判所」は、日本国憲法第64条第1項の規定により国会が設置する、公の弾劾を行うための常設機関で、通常の裁判でいう裁判官は「裁判員」と呼ばれ、14名で構成されます。

この裁判員は、国会法の規定により、衆議院と参議院それぞれの議員内部における選挙によって、各議院で同数(7名)ずつ選出することとされています。また、こうして選挙によって選ばれた裁判員のなかから、さらに互選によって「裁判長」を選出することとされています。この選挙に際しては、何らかの事情で裁判員が欠けた場合に備えて、「予備員」もあわせて選挙します。
なお、裁判官の弾劾に先立ち、その裁判官を訴えるための機関である「裁判官訴追委員会」の委員も、同様に国会議員から選ばれますが、訴追委員と裁判員とは同時になれないものとされています。

コメントは受け付けていません。